リクルートスタッフィング / 悩みへの対処法

悩み:仕事の辞め方

辞めたいと思ったら担当者に相談

・仕事内容
・時給に合わない
・職場の環境が悪い
・いじめがある
・体調を崩した

など、人それぞれ辞めたいと思う理由はさまざまでしょう。

 

どのような理由であっても、まずは担当者に相談するようにしましょう。辞めたい理由の中には、なかなか人には言いづらい内容もあるかもしれませんが、偽りなく正しく伝えるようにしてください。また、可能であれば事前に職場見学をし、あらかじめ会社の雰囲気をしればトラブルの回避ができるかもしれません。

 

会社側に問題がある場合

登録者が仕事を辞めたいと思う理由の原因が会社側にある場合、派遣会社の担当者から改善を要求させることができます。特に、残業代が支払われない等の不備がある場合は、躊躇することなく担当者に相談するべきでしょう。

 

いじめがあるとった内容も言いにくいでしょうが、しっかり担当者に打ち明けるべきです。こういった理由で辞めたい場合、登録者には全く非がないのでスムーズに新しい派遣先を紹介できる場合もあります。逆に、上手く打ち明けることができないと、派遣先から派遣企業へあまり良い印象はないといったフィードバックを与えかねません。

 

自分自身に問題がある場合

派遣先の正社員から良い扱いを受けないという理由で、仕事を辞めたいと思う方もいます。しかし、今一度自分自身の行動を見直してみましょう。遅刻しがちだったり、仕事が疎かだったり、自分自身に非がある場合も少なくありません。「あいつは派遣社員だから適当だ」などと思われないよう、1人の社会人として誠意ある行動を意識しましょう。そういった行動を取っていれば、正社員であろうと、派遣社員であろうと、同じ会社員であることに違いはありません。

 

大きなミスをしても隠さない

派遣社員の中には、仕事上大きなミスをしてしまい、それを機に職場に来なくなってしまう方も少なからずいます。もちろん、派遣社員と言えども派遣先の一員として仕事しています。ミスをしたら職場の上司に報告するのは当たり前でしょう。しかし、それを言い出せずに「フェードアウト」してしまう方がいるのは非常に残念なことです。

 

仮に、仕事上ミスをしてしまい、上司に言えない場合は担当者に相談するのも悪くないでしょう。前触れもなく職場に行かないと、仕事の引き継ぎなどが行われないので業務がスムーズに進まないほか、取引会社の信頼も損ねかねないなど、大きな損害に繋がりかねません。

 


>>理想の仕事をしたいならリクルートスタッフィングの派遣求人