リクルートスタッフィング / 派遣先との契約まで

悩み:仕事が決まるまでの過ごし方

登録会を終えて、面接を終えた後には若干の空白があるケースがあります。また、有期の派遣先の契約終了が近づいている人や新しい派遣先が決まらずに手持無沙汰になっている人もいるかもしれません。この時期、どのように過ごせばいいのか確認しましょう。

 

派遣会社のHPをチェック

1日1回チェックするといっても過言ではありません。派遣会社の求人を掲載するサイトには常に最新情報がアップされている。特に、リクルートスタッフィングは求人数が非常に多いことが有名ですが、1日で新たに追加される求人の多さにも驚きます。常に新鮮な情報を得ている必要があります。

 

スキルアップする

時間に余裕のある人はスキルアップをすると良いでしょう。やはりスキルはあるに越したことはありません。スキル研修が用意されているリクルートスタッフィングでは、必要なスキルを効率よく習得できる仕組みや支援が整っています。

 

希望条件の見直し

面接の時に口にした希望条件を見直してみると、「少し希望が高すぎる」と思う人も出てくるのではないでしょうか? 実際、あまりに希望条件を高く設定していると仕事の紹介も少なくなってしまいます。
勤務地や時給など、妥協点がないかチェックしてみると良いでしょう。

 

担当者とコンタクトを取る

転職コンサルタントとも都合を見計らって連絡を取るようにしましょう。定期的にコンタクトを取ることで、耳寄り情報などをゲットできる可能性もあります。その際、スキルを習得したり希望条件に変更がある場合は、それについて話してください。

 

そもそも待機期間がないようにする

既に派遣社員として働いている人の中は「待機期間」がないように働きがけましょう。働く先がなく何をすることがない「待機期間」は全くの無収入です。「待機期間」がないことに越したことはありません。契約期間が終了に近づいてから動き始めるのではなく、心に余裕を持つようにしてください。

 

また、初めて派遣として働くという方も、希望条件が高すぎないか少し気を付けてみましょう。あまりに高すぎる希望条件を提示してしまうと、待機期間が長くなってしまい逆に無収入期間が多くなってしまい逆効果です。特に、条件が非常に高い求人には社内選考などもあるので注意が必要です。

 


>>スムーズに就職するならリクルートスタッフィングの派遣求人