リクルートスタッフィング / 派遣で働くメリットとは?

派遣で働くメリットについて

やりたい仕事ができる

正社員だと思うとおりに仕事できない

正社員として働き始めると、企業内の人事に左右されて仕事をすることになります。会社は組織間での人員の異動があり、いつどの社員がその対象になってもおかしくありません。

 

そのため、「本当は広報部の仕事がしたいんだけど、総務部に配属になり、その次は営業部に配属・・・」と自分のやりたい仕事ができないことがあります。特には、自社で保有する工場への配属になり、地方への転勤が決まってしまうなど、不確実性の高い労働環境が特長的です。

 

派遣社員は業務が明確

正社員に対して、派遣社員は採用の段階で業務が明確になっています。会社の都合で部署の異動はなく、基本的に就業時の仕事を行い続けることになります。「やりたい仕事」が明確で、その他の仕事はやりたくないという方は派遣社員として働くことで自分がしたい仕事に熱中することができるでしょう。

 

時給が高い

派遣社員として働くことで収入がアップする人がいます。スキルや経験、資格、語学力を持っている人は、その能力を正当に評価してくれることでしょう。

 

また、特別な経験や資格を持っていない人についても、同じような仕事・案件でも派遣スタッフはアルバイトよりも時給が高いことに注目したいところ。派遣社員は賞与(ボーナス)こそないものの、アルバイトと比べると報酬は多いのが特長的です。

 

充実した労働環境

福利厚生が充実

派遣会社が用意する福利厚生を受けらえる点が嬉しいでしょう。例えば、リクルートスタッフィングでは一定の条件をクリアすれば社会保険への加入ができますし、ベビーシッターの割引制度、そのほか健康保険組合が用意する各種サービスを受けることができます。

 

詳しくは福利厚生Q&Aをチェックしてみましょう。

 

研修が充実

派遣会社を通して就業することで、充実した研修を受けることができます。例えば、リクルートスタッフィングでは、クラスルーム・インターネット研修といった基礎的な研修から、資格取得支援、外部教育機関との連携による研修・講座の特別価格での受講など、幅広い研修が用意されています。

 

そのほか詳しい情報はスキル研修Q&Aを確認してみましょう。

 

会社の拘束がなく自由が効く

派遣社員は、正社員と比較すると自由の効く雇用形態です。煩わしい人間関係がないのも一つの特徴でしょう。そのため、仕事だけではなく自分の時間を大切にすることができます。一方、スキルを活かして働いていきたい人は、会社に縛られることなく自分の能力を活かせる、好条件の職場があればそちらに派遣先を変えれば良いのです。

 


>>派遣として働きたくなったら