派遣の収入について

派遣社員の平均年収はどれくらい?

平均年収100万円〜200万円が多い

派遣社員の平均年収は100万円から200万円の間が最も多いと言われています。しかし、平均年収には注意が必要です。一口に派遣社員といっても様々なモチベーション、背景を持った人がいます。

・スキルを活かして働いている
・未経験からスタートした
・お小遣い稼ぎ程度に働く
・特定の時期だけ派遣を利用

 

など、人それぞれ派遣社員として働く理由は異なります。

 

それぞれ派遣で働く目的が異なるので、一概に平均年収が100万円〜200万円だから「お金にならない」「楽して稼げる」とは言えません。

 

正社員より年収高い?

スキルを活かす求人をみると、その待遇の良さが際立ちます。企業の即戦力となり得る派遣社員には、仕事に対する対価もしっかり支払われるんですね。就業スタート時で2000円程度の時給の場合、その後の昇給も考えると中には正社員を上回る年収を獲得できるケースもあるでしょう。

 

明確なスキルを持っている人であれば、派遣社員としてキャリアを積むことで着実に年収をアップさせることが可能でしょう。派遣先、あるいは派遣会社から仕事を評価されることで、任期満了後に与えらえる次の案件の待遇は得なるようです。

 

未経験はやっぱり少な目?

未経験者の場合、やはり年収は少なくなります。月給900円〜1000円程度からというケースがほとんどであり、派遣社員の平均年収と同じ程度の所得となるでしょう。もちろん、副業や子育ての合間を縫って勤める仕事としては十分の年収であることには違いはないでしょう。

 

しかし、派遣社員1本で生計を立てるとなるとそれなりの年収が必要になります。その場合は、働きながら自分の適性を転職コンサルタントと分析するなどし、スキル研修を受けるなどしてアピールできる資格などを取得すると良いでしょう。

 

紹介予定派遣を利用

派遣社員には多くのメリットがある反面、デメリットもあります。スキルを活かして働きたいという人にとっては組織に縛れることなく高収入を獲得できます。

 

しかし、組織の中で育っていきたい、組織の中で自分の位置づけを持ちたいという志向を持っている人は正社員の方が向いているかもしれません。そこで、注目したいのは紹介予定派遣の存在です。これを利用して派遣から正社員へ転換するのも1つの手段といえるでしょう。

 

 

>>リクルートスタッフィング派遣で高給与な求人を探そう!